別れ道も必要…

あの頃私が別れなかったらきっとこの人と結婚することはなかったんだと思う。
彼と出会いがあったのは大学に入ってから初めて合コンした時だ。
彼はとても優しくて盛り上げ役。
私は口説かれてすぐに付き合うことになった。
でもいつも友達との遊びを優先する彼に嫌気がさしてきて、もういい加減にしてって詰め寄ったら別れようって言われてしまった。
わたしはなんでそんな極端なのって思ったけどめんどくさくなって別れるよって言った。
すぐなんでも別れるっていう癖があるのわかってたのに。
それから彼とは2年位逢わなかった。
でも就活していくうちに同じゼミで逢うことが多くなってまた話していると楽しいなって思うようになったの。
でもこれでまた繰り返すのが嫌だったから私は繰り返さなかった。
そして社会人になっていきなり彼から飲みに誘われた。
飲みに誘われて、おまえのことやっぱり好きだって言われた。
今度はちゃんとするからもう一度チャンスくれって。
それから3年彼とつきあってこのたび結婚することになりました。
よかった。
たぶんあの時別れなかったら、彼は何度も同じことを繰り返していたり、私にそういうことをしていたと思う。
だからあの別れが私たちには必要だったんだよね。

性格も似てきます

「2人は付き合ってるの?」そんなストレートな質問を投げかけてきた女友達。
彼女は彼と私、共通する友人の1人だったのですが彼女の‘観察眼‘には白旗だなあ〜・・・と思ってその言葉を聞いていました。
隠し続けるつもりはなくて、2人の恋愛が始まった時「状況や心理状態が落ち着いた頃に、皆には話をしようね」という約束をしていたのです。
要は、安定してから報告を落ち着いた言葉で伝えようという事です。
しかし、それより先に友達に気がつかれてしまいました。
友達は笑いながら「だって最近の2人、前とは全く違うもん」と言います。
友達の前では、今までと変らない2人で居続けていたと思うのですが・・・何がどう違っていたのか?それを聞いてみると、距離感などではなく‘言葉‘だといいました。
そう、私たちの使う言葉が似てきていたようなんです(笑)一緒に居れば、それぞれの言葉が伝染することもありますし2人の間だけで生まれていく言葉もありますよね。
それがどうやら気がついたキッカケのようです。
タイミングを見計らっていたのがバカらしいねと彼と笑い合っていたのですが友達から「言葉が似ている」と言われたことが嬉しかった私はその言葉をもらえただけで、少し隠していて良かったかな?とも思うのです(笑)